投稿

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見て

イメージ
こんにちは、

今回は、私が先日見に行った映画について書きます。 私が見た映画は、「ボヘミアン・ラプソディ」です。

 この映画は、伝説のバンドといわれるクイーンと、そのボーカルの
フレディー・マーキュリーに焦点を当てた映画です。

 クイーンの誕生から爆発的な人気が出ていく様子や、メンバーたちの
ぶつかり合いなどが主な内容でした。
 その中でも、主人公のフレディー・マーキュリーはゲイであり、そんな自分との葛藤や
それを知った周りの人たちとの関係が特に強く描かれていました。

 この作品の中では、クイーンはデビュー当時からとても人気があったという描かれ方
をしています。しかし、クイーンの人気が出始めたのはデビューからしばらくしてから
のことです。また、クイーンは特に日本での人気が強く、親日家としても有名ですが、
この作品ではそのようなところには特に触れていませんでした。自分としてはその辺り
のシーンもあったら良かったなと思いましたが、それにしてもとても楽しむことのできる
作品でした。

 何と言ってもこの作品では、クイーンの楽曲が数多く使われ、劇場内でしか味わうことのできない音の迫力には鳥肌が立つほどでした。そういう点で、この映画はぜひ劇場で
見ることをお勧めします。

 また、この作品では演者さんやセットの再現力の高さにも驚きました。まずセットの点では、特にライブエイドというライブにクイーンが登場して楽曲を披露するシーンで、
見事に当時の会場を再現していました。
 そしてセット以上に演者さんたちの演技力、再現力には内容以前にそれだけで感動させられました。主人公のフレディー・マーキュリーはもちろんのこと、他の3人のメンバーも
本人かと思うくらいの演技でした。
 私はこの映画を見た後にYouTubeで実際のライブエイドの映像を見てみました。
すると、フレディーやバンドメンバーそしてスタッフたちの細かな動きまでとても
忠実に再現されていたことがよく分かりました。
 また、ニュースで見たのですが、この映画を見たクイーンのメンバーも、劇中の
再現力の高さには驚いたと言っていました。

 自分の感想としては、「ボヘミアン・ラプソディ」は、ストーリー、役者共に
素晴らしい出来だったのではないかと思いました。


映画の進化

イメージ
こんにちは、

今回は私の好きな映画について書かせていただきます。

そこで選んだ映画は、「ハリーポッター」シリーズです。
このシリーズは、全部で8部あり、10年の月日をかけて完結した作品です。
その為、作品の裏側では、様々な変化がありました。

例えば、アルバスダンブルドア役は3部以降から変わっているというのは有名な話だと思います。

そんな中私は、CG技術という面でも10年の月日をかけて少しずつ進化していたのではないかと思います。

ハリーポッターシリーズを見返してみると、4部の「炎のゴブレット」からVFXなどの技術が多くみられるようになったのではないかと思います。
その理由は、作品の中で彼らが使う魔法にあります。

「炎のゴブレット」以前は、魔法を発動すると、その対象に変化が出るだけということが多かったのですが、それ以降の作品では、魔法を発動すると杖から光線などの光が出たりして、魔法を視覚的に見ることが出来るようになってきました。
このような技術のおかげで、より迫力のある作品になってきたのではないかと思います。

また、ただいま絶賛公開中の「ファンタスティックビースト」は、「ハリーポッター」シリーズより過去のストーリーが展開されている作品だが、この作品ではこれまで以上に多くのCG技術が使われており、迫力満点で、物語としてもとても面白いものとなっていると私は思うので、ぜひ見てほしいです。

ではまた今度。

ライブ編集

こんにちは、小貫寛太郎です

私はインテブロに所属しているのですが、この間初めてライブ映像の編集を教えてもらいました!

長時間かかる作業だと聞いており大変なのは覚悟していたのですが、やっぱりとても大変でした(笑)

ライブの編集では、まずマルチを組むという作業を行います。この作業では、それぞれのカメラのタイミングを合わせるのですが、これがとても大変で…

曲の編集にたどり着くまでに何度か心が折れかけました(笑)

マルチを終えたら曲の編集に入ります。

曲の編集では特にこれが正解というものがないので、人によって最終的な出来が違い、見る人に与える曲の印象も少しづつ変わってくるのではないかと思います。

しかし、そこがまた面白いところなのではないでしょうか!


今回は初めてということもありとても時間がかかってしまいましたが、やり方が分かったうえでもう一度挑戦したいと思いました!

また、自分の参考にするために他の人の編集も見てみたいと思いました。

それではまた今度。

ヨロシク

こんにちは。
東京工科大学メディア学部の小貫寛太郎です。

僕はインテブロという大学の演習授業を履修しているので、
ここでは主にそこでの活動を紹介していきたいと思います。